第二章 伝説の英雄と魔法使いの娘<1>

第二章 伝説の英雄と魔法使いの娘<1>

 欧州一の金融街、シティの小路の奥にある古いパブ〈ライオンとウサギ亭〉は、仕事帰りの客でごった返していた。橙色がかった照明は人ごみに遮られ、大きな影がゆらゆらと壁に映し出されている。

 ジョシュアの前にはビールがなみなみと注がれたグラスが置いてある。

 一瞬、自分がなぜここにいるのか混乱する。数日前の記憶と目の前の光景が一致しすぎて、長いリアルな夢から覚めた気分になっていた。殺人事件が起きて時間旅行をする、奇妙な夢……。夢の余韻に浸りながら、ぼんやりした頭でビールを一口飲んだ。

「きっかり丸二日前、事件のあった夜だ」

 はっとして振り向くと、すぐ横にハルがいた。

「……夢じゃなかったのか」

「呆ほう けている場合か。さて、どうする?」

  ヘイゼルは?」

「なんだって?」

 周囲の喧騒で、すぐ隣にいるのに大声で話さないと互いの会話が聞き取れない。顔を寄せ合って叫ぶ。

「ヘイゼルはどこだ?」

「知らん。奴が二日前にいた場所にいるさ」

 なるほどそういうことか、とジョシュアは理解した。根拠もなく、二日前の「時間迷宮の館」に降り立つものだと思っていたが、確かにそれでは二日前に存在していた自分との整合性が取れない。

 ジョシュアは感慨深く店内を眺め回した。確かに二日前に訪れたパブだ。シティで取引がある日はよく立ち寄る、行き慣れた店の見慣れた風景が、時間旅行したのだと思うとなんとも新鮮に映る。

「本当に、一昨日のままだなぁ」

 ジョシュアは感心して言った。

「おいおい、大丈夫か?状況がわかっているか?」

「大丈夫大丈夫。ちょっと浸らせてくれたまえよ」

 ジョシュアは眼の前のビールを飲んだ。

「ビールだなぁ」

「当たり前だ」

「いいじゃないか。感動しているんだ」

「酔って殺人犯と渡り合えるのか」

「渡り合うつもりなんか無いよ。そんな腕っぷしが強く見えるか」

「見えんな」

「一昨日は十二時までは外出していたんだ。帰ったときにはまだ死体はなかった。だから十二時までに家に帰ればいいはずだろう?」

「どうだかな」

「どういう意味だ」

「今にわかるさ」

「気になるだろう。なんだ」

  イスラエルの時間屋に行ったんだろう?そこの親父が言っていた話を覚えているか?」

「勿論だ。さっき話したじゃないか。過去は既に決まっている。そこへ行くということは」

「そう、既に決まっている過去を変えることになる。今、君が過去に来たことで、既に歴史は変わっている。つまり殺人の事実も変わる可能性がある」

「まさか。僕が来たことを殺人犯が嗅ぎつけて殺人をやめるのか?しかしそうしたら僕が明後日君の家に行く理由がなくなる」

「それがタイムパラドックスだ。過去を変えると辻褄が合わなくなる。君が私の家に来なければここにいる君も存在しないことになる」

「そしたら殺人はやっぱり起きるじゃないか」

「そんな単純なことじゃない。つまり、我々が来てしまったこの世界は、別の未来を歩むんだ。だが私達は元の世界に帰る。そのための砂時計だ」

「あら失礼、こんばんは」

 その時、話している二人の間に小柄な女性が割り込んできた。

「こんばんは」

 ジョシュアが応える。

「ジョシュア、相手にするな」

「お仕事仲間?楽しそうなお話ね」

 女性は、むしろ少女と言っていいほど小さく、酒場の高い椅子にちょこんと乗っかってようやくテーブルに顔が届いている。

「君、まだ子どもでしょう?こんなところに来ていいの?」

「おいジョシュア、話すなと言っている」

「あたしグロリアよ。グロリアーナ(グロリアちゃん)って呼んで良くってよ。よろしく」

 少女はにっこりと笑った。酒場に出入りする娼婦とは違い、凝った織りの上等な生地を幾枚も重ねたドレスを着ている。肌は透けるように白く、丸い頬はまだ幼さを残し、青い大きな瞳が長い睫毛で縁取られている。古風なボンネットをかぶり、まるでフランス製のビスクドールのようだ。

「ジェントルマン、お名前はなんておっしゃるの?」

「話すんじゃないぞ」

 ハルがジョシュアに低く囁いた。

「わからないな。さっきの話だと、結局、過去は変えてもいいってことじゃないか。どうせなかったことになるなら」

「だから、そう単純じゃないと言っている」

「どういうことだ。ちゃんと説明してくれ」

「説明するのは難しい。できれば、できるだけ過去を変えない方が安全なんだ。変動率が高くなると予測ができないことが起きる可能性が  

「もう遅いわ」

 少女が意味ありげな笑みを浮かべて言った、その時だった。

 酒場のドアを蹴破って、白馬が乗り込んできた。

 いや、正しくは馬ではない。馬の背中には巨大な翼が生えていた。

  ペガスス!」

「ほらね」

 ハルが言う。

「ほらね、じゃないよ、なんだこれは。見世物か?」

「いや残念ながら本物のようだ」

 周囲をよく観察すると、扉が蹴破られたことには多少驚いても、馬に翼が生えていることに驚いている人間は誰もいない。

「あんなのが……このロンドンに……」

「あなたね、あんなのロンドンどころか神話の中にしかいないよ。知らんのか?」

「知っている。しかしあれは」

「だから歴史が変わってしまったんだよ。ああもう、嫌な予感がしたんだ」


砂時計の砂が落ちきる前にカテゴリの最新記事