CATEGORY 海に行きたいと彼女は言った

生も死も、手を伸ばせば届きそうなほどに近かったあの頃。 あの海の記憶。 波間に浮遊するように生きていた日々の追憶。